「夢と展望を語れる組合に=@近畿支部大会」 金融労連 全国金融産業労働組合

トピックス・ニュース 金融労連 全国金融産業労働組合 金融ユニオン

全国金融産業労働組合(金融ユニオン)

夢と展望を語れる組合に=@近畿支部大会

「夢と展望を語れる組合に=@近畿支部大会」

「熱心に論議する仲間たち」
『画像』の部分をクリックすると拡大します


12月19日、金融ユニオン近畿支部大会が金融労連西日本事務所で開催されました。

支部長は「安倍政権による戦争する国への大転換と反対の大運動の情勢が生まれ、アベノミクスの出口が見えず経済は悪化している。選挙目当ての消費税の軽減税率などにごまかされず、個性を尊重しながら生き生きとした活動を金融ユニオンとして展開していただきたい」とあいさつ。

出席した大阪・直属・滋賀・きのくに分会から、それぞれ報告を受けて討論を行い、「A・大阪シティ・三井住友信託など大阪で事実上3つの争議状態が生まれている。皆さんの支援をお願いしたい」「経営者は、時間がたてばアベノミクスの効果が地方にも現れてくるなどという甘い幻想を未だに持っている」「地方が疲弊している中で、地域金融機関だけ利益を上げていていいのか」「大阪シティ信金は数年前まで、定年再雇用希望者を定年2日前に拒否したりしていた」などの意見が出され、全議案を採択し新役員を選出しました。