「全労働者の大幅賃上げを 3・17大阪総行動に1万人」 金融労連 全国金融産業労働組合

トピックス・ニュース 金融労連 全国金融産業労働組合 金融ユニオン

全国金融産業労働組合(金融ユニオン)

全労働者の大幅賃上げを 3・17大阪総行動に1万人

「3・17大阪総行動に1万人」

「3・17大阪総行動に1万人」
『画像』の部分をクリックすると拡大します


大阪春闘共闘と大阪労連は、2016年春闘ヤマ場の3・17大阪総行動に取り組み、各職場・地域も含め、この日大阪府下全体で約1万人が行動しました。

金融ユニオンも早朝から大阪シティ信金本店がある北浜駅周辺で、大阪シティ信金の法違反の実態を訴えた300枚のビラを配布しました。

その後、みどうすじ総行動に参加する地域の仲間と大阪シティ信金に解雇問題解決を要請。続いて財務省・金融庁包囲近畿大行動の要請団20人(うち金融労連から6人参加)で近畿財務局へ要請を行いました。

要請の中で、大阪シティ信金とA信組の解雇された仲間から、労働者を粗末にしている実態の報告がなされました。

金融労連の代表からは「経営者は、先行き不透明、マイナス金利による収益環境の悪化懸念を理由に賃上げを抑え込もうとしているが、一方で預金保険料の負担軽減など賃上げ原資があるのに、賃上げに回さず、『社会貢献』として政治献金を再開しようとしている。賃上げこそ社会貢献ではないのか」など、金融業界の賃上げ抑制に抗議する発言が相次いで出されました。

関西電力にも怒りの唱和

御堂筋のオフィス街を北上するランチタイムデモには300人が参加しました。

大津地裁でも原発再稼動の中止を認める裁判所の判断が出される状況のもとで、午後からの大阪市役所前の決起集会に続いて行われた関西電力前を経由するデモには、千人が参加し「関電は全ての原発を廃炉にせよ」「戦争法を廃止せよ」「賃上げで景気回復を」「均等待遇の実現を」などのシュプレヒコールを響かせました。

(T)