「金融ユニオン第2回女性交流会 −静岡− 若いママさんの参加に感動」 金融労連 全国金融産業労働組合

トピックス・ニュース 金融労連 全国金融産業労働組合 金融ユニオン

全国金融産業労働組合(金融ユニオン)

金融ユニオン第2回女性交流会 −静岡− 若いママさんの参加に感動

静岡で金融ユニオン第2回女性交流会を開催しました。昨年5月に加入された子連れの若いママさんも参加され、久しぶりの光景に感動し、何度もお顔に目が行ってしまいました。
交流会では、自己紹介を兼ねて近況報告と職場や生活の問題では、子供の結婚、親の介護、奨学金問題の放置はますます少子化が進むという大きなテーマも出ました。

彼女の勤務先では女性を含めて3交代勤務(子育て期間は18歳まではシフトなし)、一週間続く深夜勤務で体が持たず、シフトを外れると降格というペナルティがあるといった深刻な状況を報告。
女性のデリケートな体を無視した働かせ方はさせてはならないと意見も出されました。

母性保護は命を生み出す私たち女性にとって(国にとっても)とても大事なことです。

みずほの中村さんは、継続雇用満了に伴い人員補充要求を係全員で出したところ、要求を呑まざるを得ない状況を作ったという貴重な発言や再雇用でスタッフとなった参加者からは、忌引き休暇もなく、昼食手当にも差があり、臨給もなしという正行員との差別がひどいといった不満の声もありました。

(愛知・T)