「全員が原則「無期雇用」転換へ【MYJ】−無期雇用転換ルールをビラ宣伝(大阪)−」 金融労連 全国金融産業労働組合

トピックス・ニュース 金融労連 全国金融産業労働組合 金融ユニオン

全国金融産業労働組合(金融ユニオン)

全員が原則「無期雇用」転換へ【MYJ】
−無期雇用転換ルールをビラ宣伝(大阪)−

 金融ユニオン近畿支部では、MYJ(明治安田生命子会社)との秋年末要求での団体交渉に先立って11月27日の早朝、同社の大阪支店前で全労連が発行する「無期雇用転換ルール」ビラを123枚配布しました。

 非正規労働者にとって、無期雇用への転換問題は特に関心が高く、出勤してくる人たちが次々にビラを手に取って建物の中に入っていきました。

 この日の夕方に行われたMYJとの秋年末要求の団体交渉では、年末臨給の他、無期雇用への転換問題が中心となりました。

 来年4月より5年以上契約更新してきた有期雇用の労働者の無期転換申し込みにあたって、「労働者からの申し込みを待つのではなく、対象者全員に会社のほうから転換の意向を打診する。全員が無期雇用への転換になると考えている」と踏み込んだ姿勢を表明しました。

 金融ユニオンは「形だけの無期雇用にするだけではなく、これまで有期雇用ということで、正社員と差別されていた積立年休や退職金についても改善するべきだ」と要求。会社は「今後の検討課題」としたため、9月に東京地裁で出された郵政20条裁判のなどを示し、「病気休暇などは『労働者の健康保持の判決ための制度』であり、有期雇用労働者への差別は違法としている。まして無期雇用に転換してからも差別を続ける正当な理由は何もないはず」として、1年以内に改善するよう求めました。