「マイナンバー制度は人騒がせ」 金融労連 全国金融産業労働組合

トピックス・ニュース 金融労連 全国金融産業労働組合 金融ユニオン

全国金融産業労働組合(金融ユニオン)

マイナンバー制度は人騒がせ

 マイナンバーは、平成30年1月1日から「預貯金付番制度」が開始されました。これは、個人番号を預貯金口座に紐付けるという制度です。個人顧客に対して口座開設時、氏名変更、住所変更などの届け出時に銀行は届け出をお願いしなくてはなりません。

 当面、任意の届け出になるので、届出がなくても取引に支障はないとしています。

 銀行は、一斉にDMを発送していますので、窓口はDMを手にしたお客様で混雑します。今回は、NISA口座以外の投資信託口座を保有のお客さまへの依頼なので、以前に保有していて売却済みで口座だけが残っていたというケースが大半でした。

 マイナンバーの届け出が嫌で口座を解約したいという申し出ももちろんあります。中には口座整理の機会になったというお話もありました。銀行には、届け出を依頼する義務があるのですが、届け出は任意でよいのです。

(K)