2018/10/27

厳しい職場実態改善を -北陸地協定期大会-

 10月27日、北陸地協大会が金沢・勤労者プラザで開催されました。冒頭、主催者を代表して、議長が「職場では、メンタル面で体調を崩し、退職者が後を絶たない状況が続き、将来に不安を感じながら利益追求に向けたノルマに苦しめられている。経営にモノが言える私たち金融労連の組合が踏ん張らないと、職場環境は良くならない。名ばかり組合に任せるわけにはいかないので、みんなで厳しい生活・職場状況を改善していこう」と挨拶しました。

 来賓として参加した金融労連前書記長の田畑さんは、「労働組合は現場で悩み、苦しんでいる仲間を激励し、勇気付けられるところであってほしい。そのような素晴らしいことができる労働組合の仕事に関わって全国の色々な仲間と知り合えたことが、私の大切な財産となっている。いま職場で悩み苦しめられている状況を変えるためには、一部の組合役員任せではなく、みんなで労働組合が、やりがいのある仕事、お客さんのためになる仕事を作り出し、ハラスメントをなくすよう全力で取り組んでほしい」と訴えました。

 幹事会からの議案提案後、各単組から報告が行われました。

 昼食休憩後には、20年程前に相次いで発生した、金融機関の経営破たん・首切り攻撃に対して、全国・地域の仲間と総がかりで取り組んだ「不動信金のたたかい」のDVDが上映されました。20年前の状況を知らない若い人たちは、DVDを食い入るように見て、この組合の大闘争以降、経営破たん処理から合併方式による救済に転換されてきた経過を学習できたようでした。

 全ての議案が満場一致で採択されました。