2019/10/10

両替手数料の廃止を -目立つ金融機関の横暴-

 アベノミクスによる超低金利政策のもとで金利収入が減る中、メガバンクをはじめとした金融機関は両替や送金などサービスの手数料を相次いで値上げし、利用者負担が増しています。なかでも、とりわけ酷いのが「両替手数料」です。1円玉505枚を、500円硬貨と5円硬貨に両替したら、1100円も手数料がかかることになります。

 結果として銀行が千円札1枚を3千円以上で売っているのと同じではないでしょうか。

 大金持ちだけを大事にせず、小銭をコツコツ貯めている庶民をもっと大事にしてほしいものです。


金融ユニオン・リンク

金融労連ロゴ 全労連ロゴ


ページの先頭へ