金融労連:全国金融産業労働組合(金融ユニオン)は、銀行、信用金庫、労働金庫、農協、生保、カード会社及び、その関連会社に勤務する正社員・パート・派遣労働者・出向者のための労働組合です。

トピックス・ニュース 金融労連 全国金融産業労働組合 金融ユニオン

金融労連全国学習交流集会


全国金融産業労働組合(金融ユニオン)

メチャクチャ笑って元気になれました

金融労連全国学習交流集会
『画像』の部分をクリックすると拡大します

6月8〜9日、「みんなで思いっきり笑ってストレス発散を!」をメインテーマに、「2013金融労連全国学習交流集会」が大阪で開催されました。

この集会には、金融ユニオンから、きのくに信金・三井住友信託・みずほ・十六銀行などを中心に、15人(うち女性6人)が参加し、大阪の「笑い」のエッセンスを学び、大いに笑い合い、楽しみ合いました。

今回の全国学習交流集会は、例年と運営を変え、初日は大阪らしく「天満天神繁昌亭」でいきなり上方落語や漫談を鑑賞した後、全体会で金融ユニオン・きのくに分会の森さんが地元を代表して歓迎の挨拶を行いました。続いて金融労連・田畑書記長による「お笑いのエッセンスを組合活動に」と題したミニ講演〜分散会〜交流会。

2日目は分散会と全体会議を行いました。いつもは、夜の交流会まではなかなか打ち解けにくいのに、今回は、いきなり落語鑑賞でみんな大笑いしたおかげで、その後も顔が自然に緩んだまま、良い意味で緊張感のない楽しい集会になりました。

金融ユニオンから参加の仲間の感想

金融ユニオンから参加した仲間の感想を中心にご紹介します。

(東京分会・Fさん)
落語は夫が大好きで、今まで誘われても断っていました。今回、鑑賞して大笑いし楽しかった。今度は夫の誘いを断らないようにしたいと思います。ミニ講演ステキでした。もっと大阪を知りたいと思います。そして私も日本社会を何とかしていきたいと思います。エネルギーをもらって元気が出ました。
(東海支部・Tさん)
こうした文化に触れる機会は余りなかったので良かったです。ミニ講演は、大阪の特徴を簡潔に話されて、とても勉強になりました。ユーモアのある語りは見習いたいです。また、このような機会があれば参加したいです。
*ちなみにTさんは集会終了後、金融労連本部や近畿の仲間と鶴橋の焼き肉を満喫されていました。
(大阪分会・Tさん)
落語鑑賞は初体験で、見聞を広めることができました。普通の会話にツッコミを生かすこと。「笑い」で「仲間」の範囲を増やすこと。(弱者をいじめて笑いを取る)「吉本」は大阪の笑いではない。とても興味を抱きました。交流会で「次長が3人も代わったことで自分の成長を見てもらえない」との発言に共感しました。
(きのくに・Iさん)
実際に見ると迫力があり、テレビで見るのと全然違い、面白かったです。また家族で来たいと思います。田畑さんのミニ講演で「笑いは健康の源であり、職場での笑いは理解者・仲間を増やす」と教えていただきました。職場で「これは違う」とか「これはおかしい」と思ったことは勇気を持って声を出してみんな言っていこうと思います。

「大阪は初めて」「落語は初めて」という参加者も多く、交流会はもとより、夜遅くまで大阪の街と味を楽しんでいる仲間の姿が目立ちました。