2018/09/01

仲間を増やして要求実現を -金融ユニオン定期全国大会-

 9月1日、愛知県豊橋市で、金融ユニオン第10回定期全国大会が開催され、この1年間の活動の成果を出し合い、新年度への前進を確認しあいました。

 冒頭、中村委員長は「冬の大雪、大阪北部地震、西日本豪雨、多発する台風などの異常気象のもとで、国民が不安な日々を送っている中、安倍政権の無責任・無感覚の政治手法が加速している。日銀の異次元の金融緩和は、世界からも突出した異常な事態を招いている。職場で悩み、困っている労働者を金融ユニオンに迎え入れ、一緒に要求実現に向けて取り組もう」と挨拶し、経済情勢の読み方を学ぶ本、安易に金融リスク商品を売っていることに警鐘を鳴らしている本、知らされていない戦争の傷跡を理解する本の3冊の図書を紹介しました。

討論では、

という事例も紹介されました。

 全ての議案が採択され、6月の選挙で既に選出されている新年度の役員の中から、新しい三役が信任投票で選出されました。

 大会で選出された新三役は次の通りです。

(敬称略)

 働き甲斐と職場を守るため、「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」をモットーにがんばっていこうと閉会しました。
大会の開催に、おそらく職場の仲間や経営陣も注目していると思います。明日からは秋・冬の要求実現に向けた運動が待っています。