2018/11/12

非正規労働者の待遇改善の取り組みを強めよう!(大阪分会)

 11月12日、大阪で大阪民主法律協会の非正規部会の「非正規労働者の均等待遇の取り組みについて」という学習会で、金融ユニオン・三菱UFJ銀行の取り組み経験が報告されました。

 今年の秋には台風も多く、公共交通機関のストップで、時間給労働者の賃金が不払いになるかどうかの疑問から、大阪分会の浦野が主に弁護士さんを対象にした学習会で報告をしました。
非正規労働者の交通機関の延着やストップによる時給のカットは、ノーワークノーペイを理由に行われてきましたが、10年余の継続要求で昨年是正されました。
この秋の台風では、金融ユニオン参加の明治安田生命の関係会社であるMYJでも出勤扱いとされました。
昼食費の支給の開始、私傷病等休職制度が、短期契約社員の無期雇用化とともに正行員に準じた水準の制度とした内容の改善等も実現したことを報告しました。

 働き方改革の審議を通じて短期契約労働者等の差別待遇改善が、厚生労働省からの指針として発表されています。この動きも活用して、私たちの組合では非正規労働者の賞与の支給と、退職金の支給を切実な課題として取り組んでいることを紹介し、他の労働者の皆さんと共同して均等待遇実現に取り組む決意を報告しました。

(U)