2019/08/10

仕事も家庭も大切にできる職場へ・・・子どもとともに

 金融ユニオンに加入し、職場復帰して3年と少しになります。私と違って次男はもともと体が弱く復職時から入退院を繰り返すなど、家族にも協力を得ながら仕事を続けてきました。

 「大きくなれば丈夫になるよ」そんな言葉に期待を持ちつつ、休暇を取る日は職場の皆さんにお礼を言いつつ、なんとか今も仕事を継続できています。

 今日に至るまで3回に及ぶ次男の入院(小児ぜんそく)の影響か、長男も精神的に不安定になっています。

 昨年度は看護休暇、有給休暇を全て消化し、早退と遅刻を度々行った上、2泊に及ぶ出張も突然の変更に応じてもらうなど、『家庭優先』で仕事をすることができました。また、仕事の評価も下がることなく仕事へのモチベーションも保つことができました。

 このように仕事を継続できたことも、金融ユニオンや金融労連の仲間、東京金融共闘の皆さんの支援と、先輩方が築いてくださった運動の成果と歴史に助けられていることを実感しています。

(I)


金融ユニオン・リンク

金融労連ロゴ 全労連ロゴ


ページの先頭へ