2020/02/10

ほけんの窓口のNさんの職場復帰交渉

 昨年2月、足の労災から職場復帰できることになりながら復帰3日目に通勤途上の交通事故と上司のパワハラで休職してきたNさんが、復職可能の主治医の診断書に基づき復職交渉を会社としてきました。2019年11月に団交を行い、2020年1月からの復職を協議していましたが、この間、膝の障害もあって通常店舗での勤務では、足の負担が大きくむつかしいことから、膝に負担のかからない業務のできる部署を要求してきました。会社からは通勤2時間余りかかる部署の提示しかなく福岡県内の通勤は困難と判断しました。

 2020年4月に本人が東京への転居を計画していることを会社に説明し、4月以降の東京地区での復職を検討することになりました。会社も本人希望を受け入れ、前向きの対応をしてくれているもので、体調の回復を図りながらNさんも復職できる日を楽しみにしています。


金融ユニオン・リンク

金融労連ロゴ 全労連ロゴ


ページの先頭へ