2020/02/29

新型コロナウイルス感染症 万全の対応を!

 三菱UFJ銀行の愛知県の支店で行員が感染者として公表され、一緒に仕事していた人も自宅待機という事態が生まれています。

 2月29日、安倍総理が全国一斉の公立学校の休校を要請しました。銀行の職場でも、通学児童を持つ労働者のなかには休まざるを得ない状況もあり、時間給労働者の賃金補償問題や年休もないことなどから不安の声が上がっています。

 国の要請を受けて、時差出勤に取り組む企業が多くあります。

三菱UFJ銀行

 三菱UFJ銀行では、コロナ対策の職場の対応について次のように発信されています。

 金融ユニオンは、新型コロナウイルスから自らの身を守り、職場に広げないように留意し、経営側には拡散予防対策を要望していきます。

 年休取得の強要はせず、また、休まざるを得ない労働者には、特別有休制度など賃金補償を行うよう申し入れをしていく予定です。以下は、その後編集部に届けられたコロナウイルス感染症に対する企業の対応や職場からの報告です。

静岡銀行

◇休暇の扱いについて

①②④の本人の場合は、年次有給休暇。フレックスタイム制度における非稼働日とすることもできる。
④の同居家族の場合は、特別休暇。

◇小学校の臨時休校に伴う対処

出勤が困難な従業員(BS=非正規を含む)が休務する場合は、有給の特別休暇とする。

MYJ

 職場のスペースに余裕があるため、作業机の間隔を一つ分ずつ空けて執務している。昼休みも2交代から3交代にしている。孫のための防疫休暇も認められている。

新生銀行


金融ユニオン・リンク

金融労連ロゴ 全労連ロゴ


ページの先頭へ