2020/04/10

4月から暮らしどう変わる?

 昨年10月から消費税が10%に増税され、家計は苦しくなっているのに、新型コロナウイルス感染拡大で国民生活は未曽有の危機に直面しています。

 そのうえ4月からさらに各分野で負担増が目白押しです。

【商品・サービスの値上げ】

【銀行の手数料など(税込み)】

【医療・介護・年金】

【2020年度年金支給額】

 マクロ経済スライドが2年連続で発動され、実質0.3%減になる。

 個人消費はますます冷え込み、たとえ新型コロナが収束しても消費不況から抜け出しようもありません。保険料などの軽減、そして消費税率の引き下げが今こそ求められています。国民に「不要不急の外出自粛」を言うのであれば、政府自ら「不要不急」の軍事費や大型公共事業費などを削れと言いたいです。


金融ユニオン・リンク

金融労連ロゴ 全労連ロゴ


ページの先頭へ