2020/05/10

まさか自分が自宅待機に!?

 皆さんもコロナ感染症拡大防止のため、組合活動や日常生活にも影響を受けておられることでしょう。
ついに、地方の私にも影響がでました。というのも先日、定例集金先の従業員が感染したことが発表されたのです。感染した方とは接したことはありませんが、別の従業員と対面で集金作業する際には、お互いにマスクを着用していました。訪問活動では常時マスク、訪問先を離れ、営業車に乗る際には自前のアルコールジェルで消毒をし、帰店時には入念に手洗いと鼻うがいまでしています。

 おかげで私の健康状態は良好ですが、県の対策室から保健所にも報告され指示を受けており、「あなたが対応された方は未だ発症はなく、感染リスクは低く検査の必要はありません。今後とも感染予防に努めてください」との判断でした。

 翌日から出勤しようかと思っていましたが、支店長から本部に報告した結果「自宅待機」となり、なにか私がバイキン扱いされているような・・・・。私が感染していた場合は労災ですよね。何日間自宅待機かわかりませんが、会社判断ですので有給休暇ではなく、特別休暇ですよね。

 さいわい私の自宅待機は一日で終わりましたが、翌週から全支店で、1店舗当たり2名以上を特別休暇で自宅待機させるよう本部から指示が出ました。

 本当にコロナ感染は身近に迫っています。今回改めて身をもって感じました。気をつけても致し方ない結果になることもあるけれど、それでもやっぱり気をつけましょう。

(K)


金融ユニオン・リンク

金融労連ロゴ 全労連ロゴ


ページの先頭へ