2020/07/09

コロナ禍で職場に求められる労働組合 7・9大阪争議支援総行動

 7月9日、大阪労連、大阪争議団共闘会議による争議支援総行動が開催されました。36年に及ぶ差別争議を闘う明治(乳業)争議団をはじめ、学童保育指導員を民間委託されることで不当解雇してきた守口・堺市の指導員組合の闘いなど13争議の支援行動が取り組まれました。朝は8時から大阪地裁前と大阪市役所前の淀屋橋の橋の上からの宣伝活動から始まりました。

 全員集会では、コロナ禍の中でも職場に労働組合の役割が求められており、その労働組合が解雇撤回や不当労働行為、差別を許さない闘いを進めている。これらの取り組みの一日も早い解決を求めて一日行動として頑張ろうと訴えられました。


金融ユニオン・リンク

金融労連ロゴ 全労連ロゴ


ページの先頭へ